貸出金利が上昇し、大きくなる負担

銀行券家計貸出残高が1000兆ウォンを超えた状況で、銀行の貸出金利が指標とする金融債などの市場金利が継続上昇し、借り手の利子負担が継続的に高まっている。

これから本格的にインフレ期待心理が市場金利を引き上げ、政府の家計貸出規制方針にともなう銀行の加算金利引き上げ(優遇金利縮小)まで加わる場合、利子負担は韓国経済の回復の足を引っ張るものと憂慮される。

10日、金融界によると、KB国民・新韓・ハナ・ウリ4大市中銀行の7日基準信用貸出金利(1等級・1年)は年2.57~3.62%水準だ。これは「1%台」の信用貸付金利が登場した昨年7月末の1.99~3.51%と比較して下部が0.58%ポイントも高くなったのだ。

同じ期間の信用貸出金利だけでなく、住宅ローン金利も明らかに高まった。 4大銀行の7日現在、鼻修正連動住宅ローンの変動金利は年2.55~3.90%である。やはり昨年7月末(2.25~3.96%)より最低金利が0.3%ポイント上昇した。

特に住宅ローン金利のうち、鼻修正ではなく、銀行債5年物金利に従う、いわゆる「混合型」の場合、金利の上昇幅が大きかった。

混合金利は昨年7月末2.17~4.03%で、現在2.82~4.43%で上部と下部が各0.65%ポイント、0.4%ポイント上昇した。

銀行券貸出金利の上昇傾向は、韓国銀行の金融機関加重平均金利統計でも確認される。

3月基準預金銀行の全体家計貸出金利(加重平均・新規取り扱い額基準)は2.88%で、2月(2.81%)より0.07%ポイント(p)上昇した。一般信用貸出金利(3.70%)と住宅担保貸出金利(2.73%)は各昨年2月(3.70%)以後、2019年6月(2.74%)以後21カ月内最高水準に達した。

韓国銀行は貸出金利の上昇について「銀行債金利など家計貸出の指標金利が上がったうえ、폰테크 融資管理のために銀行が優遇金利を縮小したため」と説明した。

まず信用貸出金利の指標として活用されている銀行債6ヶ月・1年物など金融債の短期物金利もやはり上昇を見せた。

実際、金融投資協会債券情報センターによると、信用貸付指標金利で最も多く使われる銀行債1年物(AAA・無保証)金利は昨年7月末0.761%から今年4月末0.835%へと0.074%ポイント上昇した。

変動型住宅担保貸出の基準金利の役割をする鼻修正(COFIX・資金調達費用指数)も上がっている。銀行連合会が公示した4月の鼻修正は、新規取り扱い額基準で0.84%で、昨年7月の0.81%より0.03%ポイント高い水準である。

主大胆混合型金利は銀行債5年物金利を指標に従う場合が多いが、銀行債5年物(AAA・無保証)金利は昨年7月末1.277%から今年4月末1.841%へと0.564%ポイントも上昇した。

政策規制も金利を引き上げている。昨年10月以降、金融当局が本格的に「信用貸付締め」に乗り出し、銀行は優遇金利の幅を0.5%ポイント以上相次いで大きく削った。信用貸出金利は基準(指標)金利に加算金利を加えて決まるが、取引実績などを反映した優遇金利を多く受けるほど加算金利は低くなる。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다